Hike×Hack

ライフハックや日常に役立つガジェットなどを好物とするかけすけ(@kakesuke02)が書くライフハック系ブログ

伝えたいことが上手く伝わらない? それなら、「7つのC」で円滑な文章にしよう!

20140601080317

 

こんにちは! Hike×Hackのかけすけ( @kakesuke02 )です!

 

先日、ライフハッカーで興味深い記事を見つけました。

 

コミュニケーションを円滑にするために「7つのC」を意識してみよう : ライフハッカー[日本版]

 

内容は、メールなどのコミュニケーションを円滑にするための「7つのC」について

 

「PREP法」といい「7つのC」といい、どうも私は言葉遊びを含むものをよく取り上げます。覚えやすいというのもありますし、私自身、「韻を踏む」などの言葉遊びが好きなのです。

 

本日は、上の記事に書いてある「7つのC」について、お伝えしようと思います。

 

 

≪1.コミュニケーションを円滑にするための「7つのC」≫

 

まずは、「7つのCとはなんぞや?」という疑問に答えようと思います。

 

「7つのC」とは、

 

Clear / Concise / Concrete / Correct

Coherent / Complete / Courteous

 

という、頭文字がCである7つの英単語のことです。早速、それぞれの言葉について、一緒にみていきましょう。

 

■ Clear:明瞭に。

コミュニケーションの目的を意識して、メッセージが相手にハッキリと伝わるようにする。

 

■ Concise:簡潔に。

長く書けば書くほど伝わりやすくなるというものではない。伝えたいことを意識して、短くまとまりのある文章にする。

 

■ Concrete:具体的に。

伝えたいことの、具体的な説明や事例を示す。(盛り込み過ぎて、メッセージがぼやけないように)

 

■ Correct:正確に。

誤った情報が伝達されるは避けるべき。情報の正確さはもちろん、誤字なども意識するように。

 

■ Coherent:一貫性を。

内容が伝えたいことに沿っているか、文章の流れや雰囲気に一貫性があるかを確認する。

 

■ Complete:しっかりと締めくくる。

情報を書き並べるだけでなく、「それで、何をして欲しいのか」など、自分の意思や相手に求めることを明確に示して締めくくる。

 

■ Courteous:礼儀正しく。

文章のやり取りと言えど、相手も自分と同じ人間であることを意識して、実直なコミュニケーションを目指す。

 

 

以上が、「7つのC」についての説明です。

 

ライフハッカーに書いてある内容から推測するに、「7つのC」は「メール」をはじめとした、文章主体のコミュニケーションについての考え方と言えるでしょう

 

つまり「自分から相手に、文章で円滑に伝える」ということです。となると……これはどうやら、ブログにも適用できそうな考え方ですね。

 

 

≪2.ブログにも適用できる≫

 

写真や動画を使うこともできますが、多くのブログは文章がメインです。そのため、「伝えたいことを文章で円滑に伝える」という「7つのC」の考え方は、ブログを書く上でも大切なものになると私は思います。

 

そしていざ、「ブログ」という観点から「7つのC」を見てみると、「簡潔さ」「具体性」など、共感できる点が多くありました。

 

*

 

「7つのC」は「ビジネスにおけるメール」の毛色が強いため、すべてをブログに取り入れようとすると、お固い印象になるかもしれません。

 

ですが、「7つのC」は間違ったことを言っているわけでもありません。となると、個人のお好みでバランスを決めることになります。

 

なにも「7つのC」でなくとも良いでしょう。

 

たとえば、

 

「Clear(明瞭)」「Concise(簡潔)」「Complete(締めくくる)」

 

この3つを「3つのC」として取り入れることで、とてもシンプルで明確な文章を目指すのも良いかと思います。

 

「7つのC」そのものがあなたのレシピになるのではなく。あなたが自分なりのレシピを見つけることに、「7つのC」が少しでもお役に立てれば嬉しいです。

 

 

――あなたの旅先案内人 かけすけ( @kakesuke02 )より

 

 

≪まとめ≫

 

■ メールなどのコミュニケーションを円滑にするための「7つのC」

■ 「具体性」や「一貫性」などが挙げられる。

■ ブログにも適用できる。

 

 

関連記事

大事なことは二度言う! 文章構成を考える時の「PREP法」という考え。 - Hike×Hack