Hike×Hack

ライフハックや日常に役立つガジェットなどを好物とするかけすけ(@kakesuke02)が書くライフハック系ブログ

休憩するなら、身体だけでなく心もしっかり休みたい。

20140511081628

 

こんにちは! Hike×Hackのかけすけ( @kakesuke02 )です!

 

頭を使う作業をしているとします。たとえば、自宅でパソコンに向かいながら、「ああでもない、こうでもない」と思考を巡らせているとします。

 

そして、「どーも今は調子が悪い」という結論を思考が弾き出したとします。そして、「ちょっと休もう」と自分に言い聞かせて、ソファに寝そべったとします。

 

その時、ソファの上で。果たして私たちは、純粋に「休憩をとる」ということが出来ているのでしょうか。

 

ソファの上でも、パソコンに向かっている時と同様に。目を閉じながらでも、「あそこはああでもない、こうでもない」と考えてはいないでしょうか。それは果たして本当に、「休憩する」「リラックスする」ということになっているのでしょうか。

 

本日は、「意識的に休憩する」ということについて、私が考えていることをお話しようと思います。

 

 

≪1.不安を感じながら休憩するのは疲れる≫

 

ここでいうダラダラ休憩とは、「漠然とした休憩」を示します。では、漠然とした休憩とは何か。

 

それは、目の前にやるべきものが立ちはだかった時に、「うっ。ちょ、ちょっとひと休みしよう」と思うような、一種の「逃避」です。

 

テスト勉強などをする時に、つい部屋の掃除をしてしまうような、そういった類のものです。厳密に言えば、その時間は「休憩する時間」ではなく「逃避する時間」なわけです。

 

「休憩したいから休憩する」のと、「今はやりたくないから休憩する」のでは、自分自身へのプレッシャーや罪悪感に違いが生まれます。言うなれば、「積極的な休憩」と「消極的な休憩」です。

 

*

 

逃避としての「消極的な休憩」をとっている場合、私たちは「休んでいる場合ではないのに」と考えます。しかし、休んでいるのです。

 

そしてその時に感じるのは、「休んでいる場合ではないのになあ」「後回しにしているだけで、ツケが返ってくるんだよなあ」といったことです。

 

問題なのは、そういった「不安を抱えながら休んでいる」という状況です。つまり、「身体は休んでいる」けれども、「心や頭は休めていない」ということ。

 

むしろ、「あああ、やらなくちゃやらなくちゃ」「なんて自分はダメなんだ」と、心を余計に疲れさせてしまっているかもしれません。ですが、その場合でも確かに「休憩はとった」ので、いずれそのツケと向き合う羽目になります。

 

どうでしょうか。身体の疲れは確かにとれたかもしれません。でも、心の疲れはとれていないかもしれない。その状況で、回ってきたツケと立派に向き合うことはできるでしょうか。

 

 

≪2.「考え事をする」のは「思考」の時間であって「休憩」ではない≫

 

同じ「休憩をとる」という行動をとっても、ツケと向き合う策があります。

 

まず、「逃避」としての休憩はなるべく避けたほうが良いでしょう。何も「つらくなっても休むな。働け、考えろ」と言うのではありません。むしろ、つらい状況であれば休んでほしいと私は考えています。

 

ただ、「休憩することによって、余計に自分を苦しめる」ということはやめてほしいのです。どうせ休憩はするのです。それならば、身体だけでなく、心も。そう。身も心も休憩させてほしいと、私は切に願うのです。

 

*

 

そのためには、「不安を抱えながら休憩する」ことから離れなくてはいけません。もちろん、これは難しいことでしょう。身体を休めている分、不安な思考に集中することもあります。

 

ですが、そこは我慢して、「やらなくちゃいけないこと」については考えないようにしましょう。

 

「懸念事項を考える」のであれば、それは実際には休憩ではありません。

「懸念事項を考えない」からこそ、休憩は「休憩」になるのです。

 

大切なのは、そういった意識や認識です。「休憩する」のであれば、「懸念事項は、休憩後のスッキリした頭で考えよう」のように決意して、「休憩中は考えない」ようにするのです。

 

そのように、休憩する時間をハッキリと、「やらなくちゃいけない」ことを考えずに、しっかりと「休む」時間だと。そう意識することで、「身体だけ休まって、心はどんどん疲れていく」という状況が少しずつ改善していくのではないでしょうか。

 

*

 

私は結構心配性のタイプですが、この記事で述べたような意識をもつことで、「休憩」の時間を非常にありがたいものだと認識できるようになりました。

 

なぜなら、自分自身で「この時間は、不安なことなどは一切考えない」と決めているからです。とはいえ、勝手にネガティブな考えが頭に浮かんでくることもあります。そんな時、私はこう考えることで、心を休ませています。

 

「やらなくちゃいけないことがあるんだ。休憩している場合ではない」ではなく、「休憩する時間だと決めたんだ。不安がっている場合ではない」と。

 

 

――あなたの旅先案内人 かけすけ( @kakesuke02 )より

 

 

≪まとめ≫

 

■ 考え事をしながら休むより、「休もう」と意識して休んだ方が効果がある。(経験談)

■ 「何もしていない時間」ではなく、「休憩している時間」だという意識が大切。

■ 「考え事をする」のであれば、それは「休憩」ではなく「考え事をする」時間だという考え。

 

 

あとがき

「休憩中、すべての不安を取り除く」ということが難しいのは重々承知しています。私自身、今でも、休憩中に不安な考えなどが頭をよぎることはたくさんあります。

 

ただ。それでも、「以前に比べて、グッと楽になった」というのは確かに言えることなのです。

 

休憩することで「ツケ」が回ってくるのは事実です。ですが、休憩しないことで回ってくる「ツケ」があるのも事実です。

 

その駆け引きについては状況判断が求められますが、「休憩する」という決断をしたのであれば、しっかりと休憩して、身体と心の両方で、健康的に「ツケ」と向き合いたいというのが私の考えです。

 

そしておそらく、一番「ツケ」が大きくなる状況というのは、「休憩したのに、考えごとばかりして”休憩”できなかった」というものなのでしょう

 

関連記事

画面の見過ぎで疲れていませんか? 「Do Nothing for 2 Minutes」で2分間の休憩を! - Hike×Hack

YouTubeの「後で見るリスト」の機能を使って、快適な動画ライフを送ろう! - Hike×Hack