読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hike×Hack

ライフハックや日常に役立つガジェットなどを好物とするかけすけ(@kakesuke02)が書くライフハック系ブログ

寝違えの体験から得た、「実際に体験してみなければわからないこともある」という実感。

20140519192646

 

こんにちは! Hike×Hackのかけすけ( @kakesuke02 )です!

 

私の記憶が正しければ、先週の金曜日に私は寝違えました

 

 

【日記】ペイン・オブ・寝違え - Hike×Hack【日記】ペイン・オブ・寝違え - Hike×Hack

 

 

あれから数日が経ち、今ではほぼ平常運転で生活することができています。(まだ少し痛みがありますが、生活に支障はないレベル)

 

*

 

この寝違え体験によって、私はあることに気づきました。それは、「実際に体験してみなければわからないこともある」ということです。

 

このことは「そんなの、言われなくてもわかる」と指をさされてしまいそうですが、「実際に体験してみなければわからない」ということ自体もまた、実際に体験し、そして実感することが大切になるのでしょう。

 

今日は、私が見舞われた寝違えを例に、この「実際に体験してみなければわからないこともある」ということについてお伝えしようと思います。

 

 

≪1.「寝違えなんて余裕っすよハハハ」という認識≫

 

私は過去に何度か、「起きたら首が痛い」という事態に見舞われたことがあります。今思えば、どれも寝違えとは言えないレベルの軽い痛みだったのですが、本当に痛い「寝違え」を経験したことがなかったため、その軽い痛みを「寝違え」だと認識していたのです

 

ですが、周囲を見てみると、「寝違えた!めっちゃ痛い!」「オッペケテンムッキー」「ウニョラー!トッピロキー!」という、とにかく「寝違えがかなり痛い」という声がよく見受けられるのです

 

このことに対して、「寝違えはそんなに痛くない」という認識をもっていた私は「?」だったわけです、「寝違えって、そんなに痛いか?」と思っていたわけです。

 

そして、私の慢心はとどまることを知りませんでした。周囲に公言していたわけではないですが、心の中では「ドンと来い寝違え現象! 余裕っすよハハハ!」などというとんでもないことを考えてしまっていたのです。

 

*

 

まさか、そう思っていたこれまでの数年間が。先週の金曜日に爆発するための、壮大なフラグだったとは。私には、知るよしもありませんでした。

 

「革命だ!」「聖戦だ!」

「今こそかけすけに、真の痛みを与えるのだ!!」

 

「寝違え」が私に、反旗をひるがえしたのです。

 

 

≪2.認識が誤っていた!≫

 

「ぐあっ!」

 

窓からあたたかな陽光の差す金曜日の朝に、私は悲痛の叫び声をあげました。その見事なまでの「ぐあっ!」は、「録音しておけばよかった」と思うほどに純粋無垢な「ぐあっ!」でした。

 

それほどに、鮮烈な痛みが私の首筋を伝ったのです。

 

と、同時に。私はそれまでの自分の慢心を呪いました。

 

「私がこれまで経験していた”寝違え”は、寝違え四天王の中でも最弱だったのか」と。

 

つまり、私がやっていたことをドラクエに例えると、次のようになります。

 

1.「魔王を倒すぞ!」と意気込んで出発する勇者(LV1)。

2.ひのきの棒でスライム1体を倒す勇者(LV1)。

3.「なんだ、こんなもんか。魔王も楽勝だな」と鼻をほじる勇者(LV1)。

 

4.調子に乗ってベリアルとタイマンを張る勇者(LV1)。

5.1ターンキルされる勇者(LV1)。

 

どうでしょうか。私の慢心がいかに滑稽だったか、丸わかりです。あまりの恥ずかしさに、膝に矢を刺して、衛兵の道を志したくなったほどです。

 

*

 

これらの経験を経て、私はあることを学びました。それは、冒頭でも言ったとおり

 

「実際に体験してみなければわからないこともある」

 

ということです。

 

 

≪3.「なってみなけりゃわかんねぇ……!」ということ≫

 

私は先週の寝違えを経験するまでは、「寝違えがめっちゃ痛い!」という人の気持ちをまるでわかっていなかったのです。

 

たしかに、私は軽い痛み程度の寝違えを経験したことはあります。ですが、「めっちゃ痛い!」と人が言うほどの痛みを体験したことはなかったのです。そのため、私は本当は、彼らの気持ちを理解できていなかったのです。

 

*

 

そしてこのことは、寝違え以外のことにも、多くの機会で適用されることです。「事件は現場で起きてるんだ!」と通じるものがあるかもしれません。

 

つまり、「体験・実感したことがない人が語っても、説得力は弱い」ということです。 

 

 

ブログ論で言うのであれば、ブログを一度もやったことがない人が「○○すればアクセス数はあがる!」と言っても説得力は弱いわけです。

 

それよりも、実際に○○をした上で「○○したらアクセス数があがった!」と言う人のほうが、説得力は段違いに強いのです。

 

*

 

言われてみれば当たり前のことかもしれません。ですが、当たり前のことほど、あまりに無意識すぎて、ふとした時に実践できないことがあります。

 

たとえ当たり前だと思うことであっても、改まって意識を向けることで、その精度を高めることができるでしょう。

 

初心、忘るべからず。

 

この言葉を胸に、私は「実際に体験すること。実感すること」を大切にしていこうと思います。

 

 

――あなたの旅先案内人 かけすけ( @kakesuke02 )より

 

 

≪まとめ≫

 

■ 軽い寝違えばかり経験してきたため、「寝違えはつらくない」と思っていた。

■ 実際に、本当の「寝違え」を経験してみて、認識はガラリと変わる。

■ 正確な認識のためには、「実際にそうなってみる」ことが大切だなあ(しみじみ)。

 

 

関連記事

体調を崩したけど、タダでは転ばない記事を書いてみる。 - Hike×Hack

体調が悪くてもブログ更新を続けるために。 - Hike×Hack

自分の殻をやぶるために、「想像できない自分」に手を差し伸べる。 - Hike×Hack