Hike×Hack

ライフハックや日常に役立つガジェットなどを好物とするかけすけ(@kakesuke02)が書くライフハック系ブログ

GoogleChromeを「シークレットモード」にして快適に!

 

【概要】

GoogleChromeは、シークレットモードにすれば動作が軽くなる。

また、最初からシークレットモードでGoogleChromeを起動する方法。

 

【目次】

≪1.シークレットモードとの出会い≫

≪2.メリットとデメリット≫

≪3.最初からシークレットモードでGoogleChromeを起動する方法≫ 

 

≪1.シークレットモードとの出会い≫

 

こんばんは! Hike×Hackのかけすけです!

 

インターネットをするのに、あなたはどのブラウザを使っていますか?

 

Firefox、Internet Explorer,Opera などなど。

環境によっても、人によっても違うと思います。

 

そして、私が愛用しているインターネットブラウザは

何を隠そうGoogleChrome なのです。

 

なぜなら、他のブラウザも試してみて、一番しっくりくるのがChromeだった。

自分の使いたい拡張機能が豊富にある。

という理由があるからです。

とどのつまり、色々と試した結果「自分に合うブラウザはChromeなんだな」とわかったということです。

 

さて、先日の記事で新しいパソコンを買ったとお伝えしました。

 

【雑記】新しいノートパソコン「ASUS X102BA-DF1200」がやってきます。 - Hike×Hack

 

このノートパソコンですが。

必要十分なスペックを満たしていたとはいえ、

「ハイスペック」とは言えません。

 

そのため、ツールを常駐させていたり、裏で作業をしていたりすると動作が重くなってしまいます。

特に、ExcelやEvernoteを裏で開いている時に、GoogleChromeの起動がモッサリしていることが非常に気になりました。

 

「どうにかして、インターネットの動作を今よりも軽く速くしたい」

 

そう思った私は、GoogleChromeのある機能に出会いました。

 

それはシークレットモードという名のゴルゴ13でした。

 

 

≪2.メリットとデメリット≫

 

簡潔に、GoogleChromeのシークレットモードにおけるメリットとデメリットについてお伝えします。

 

 

メリット

1.履歴やCookieが残らない。 これにより、あなたの家庭事情をお守りします。

2.機能を制限する分、通常モードよりも動作が軽い。

  (拡張機能の制限は個別に設定できる。)

 

デメリット

1.履歴が残らないため、以前見たページに履歴から飛ぶことができない。

2.ログイン情報が保存されないため、Twitterなどのwebサービスには

  ブラウザを開くたびにログインしなければならない。

 

 

といった点が、私が感じたメリットとデメリットです。

 

おそらく、多くの方は「毎回ログインしなくちゃいけない」というデメリット

に目を向けると思います。

 

ですが、このデメリットを逆手にとって、メリットにすることもできます

 

たとえば、常にログインが保存されていると「ブラウザを開くと、無意識にTwitterに飛んでタイムラインを見てしまう」といった状況が生まれることがあるかと思います。

 

しかし、毎回ログインを求められるような状況であれば「あー、ログインするの面倒だから、今はTwitterはいいや」と足を踏みとどめることができるかもしれないのです

 

もちろん「Twitter見たいじゃん」という方は通常モードのChromeを開けばいいと思います。

 

ただ、「今は他にやることがある……けどTwitterについ飛んでしまう」といった方は、シークレットモードを使ってみるとその衝動を抑えられるかもしれません。

 

そのような使い方としても、シークレットモードは有効活用できるのです。

 

 

≪3.最初からシークレットモードでChromeを起動する方法≫

 

「よっしゃ! 基本的にはシークレットモードでChromeを使うようにしよう!」と奮起したあなたは、1つの壁にぶつかると思います。

 

それは「通常モードで開く」→「シークレットモードにする」という動作が面倒であるということです。

 

そこで、私は1つの奇策をあなたに教えましょう。

 

要は「通常モードで起動」しなければいいのですから「最初からシークレットモードで起動」するようにすればいいのです

 

 

では、どうすればそうすることができるのか?

方法は、とても簡単でシンプルです。

5分もあれば済んでしまいます。

 

 

まず、パソコン上でGoogleChromeのアイコンを右クリックして、「ショートカットを作成」してください。

(もしファイルの場所がわからない場合は、マイコンピュータの検索窓で「chrome」と検索すれば出てくるかと思います。)

 

これで、GoogleChromeのショートカットアイコンが作成されたかと思います。

 

 

次に、そのショートカットアイコンを右クリックして、「プロパティ」をクリックして開きましょう。

 

 

20140415100941

 

 

色々な項目が表示されると思いますが、「リンク先」の項目に注目してください。

その「リンク先」の欄の最後に

 

「 _--incognito」と追記しましょう。(「_」の部分は半角スペース)

(追記:incognitoには「お忍びの」といった意味があります。)

 

 

20140415100942

 

 

作業は以上です。なんてシンプルなんでしょうか!

 

あとは、そのアイコンからGoogleChromeを起動すれば、自動的にシークレットモードで起動するようになります。

 

 

注意事項としては、「通常モードとの見分け」があります。

「--incognito」を追記しても、アイコンは普通のChromeと同じです。

そのため、アイコンの名前を「Secret Chrome」など、お好みの名前に変更しておきましょう。

 

そして、そのアイコンをデスクトップなりスタートメニューなどに配置すればすぐにシークレットモードで起動することができますね。グレイト!

 

 

シークレットモードを使用することで、私の環境ではブラウザの動作がだいぶ軽くなり、インターネットが快適になりました。

 

「最近ネットの動作が遅い」「ついつい、Twitterとかにすぐ飛んじゃう」といったお悩みを抱えている方。

この機会に、ぜひGoogleChromeのシークレットモードをお試しください。

 

 

参考記事

シークレット モード(シークレット ブラウジング) - Chrome ヘルプ

Google Chromeをシークレットモードにする方法。閲覧履歴やダウンロード履歴、Cookieが残らない。 | 和洋風KAI

シークレットモードで起動するようにする

 

 

あとがき

通常モードでChromeを起動させていた時は、複数タブを開いときの重さなどで、結構ストレスが貯まっていました。

ですが、シークレットモードと出会ってからは「めっちゃ動作軽い!」とは言えないまでも、あまりストレスを感じなくなりました。

何かを快適にする方法っていうのは、探せば結構転がっているものなのですね。