読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hike×Hack

ライフハックや日常に役立つガジェットなどを好物とするかけすけ(@kakesuke02)が書くライフハック系ブログ

「瞬間日記」で手軽に日記を書いてみることにしました。

20140614110600

 

こんにちは! Hike×Hackのかけすけ( @kakesuke02 )です!

 

私はこれまでに様々な方法で日記を書き続けてきていますが、本日、そのやり方に変化があったので、そのことを話そうと思います。

 

*

 

私は日記の書き方をよく変えるのですが、最近の私の日記は、「夜にまとめて書く」というやり方でした。また、その内容も、「日記」というよりは「自分への報告」のようなものでした。

 

これがどーも、しっくり来なかったのです。特に、書いている内容が「報告」のようなものになってからは、ちょっとした「義務感」で「書かされている」ような気分がしていました。

 

そうなると、日記を書くのが楽しくなくなってくる。そもそも、なぜ「報告」のようになったのかというと、最近の私は「日記を書くことで何かしらの前進をしなければならない」と考えていたからです。

 

簡単にいえば、「固く考えすぎた」という風に言えるかと思います。以前はもっと自由に書いていたのですが、最近は効率化や最適化に重きを置いてしまい、とても限定的な日記を書くようになっていました。

 

*

 

この「日記を書くのが楽しくない」「日記らしくない」という現状を打開すべく、私は「瞬間日記」というAndroidアプリを使って、なるべくリアルタイムに日記を書いていくことに決めました。

 

 

瞬間日記Play icon 瞬間日記
制作: Utagoe Inc.
価格: 無料
平均評価: 4.3(合計 7,170 件)
posted by: AndroidHTML v2.3
 

 

 

瞬間日記1.6Play icon 瞬間日記1.6
制作: Utagoe Inc.
価格: 無料
平均評価: 4.3(合計 662 件)
posted by: AndroidHTML v2.3
 

 

 

私が使っているのは、現在進行形でアップデートされている「瞬間日記」ではなく、すでに1つのアプリとして完成した「瞬間日記1.6」(いわゆる”安定版”)のほうです。

 

このアプリを使えば、Twitterに投稿するかのようにサクッと日記を残せますし、「ささいなことでも書いていいな」と思うことができます

 

また、「夜にまとめて書く」のではなく、リアルタイムにその時の感情や行動を書くことで、日記に対する思考のハードルを下げることもできました。

 

*

 

現在の私の状況を打開するにはよいアプリ&やり方だと考えています。

 

あとは、この「瞬間日記」で日記を書き残す「習慣」をつけることが目標ですね。

 

 

――あなたの旅先案内人 かけすけ( @kakesuke02 )より

 

 

≪まとめ≫

 

■ 1日の最後にまとめてではなく、リアルタイムに日記を書きたい。

■ 極力内容のハードルは下げ、ちょっとした感動なども書き残す。

■ 書きたい時に手軽に書けるように、Androidアプリの「瞬間日記」を採用。