Hike×Hack

ライフハックや日常に役立つガジェットなどを好物とするかけすけ(@kakesuke02)が書くライフハック系ブログ

画面の見過ぎで疲れていませんか? 「Do Nothing for 2 Minutes」で2分間の休憩を!

20140413114711

photo credit: Kumaravel via photopin cc

 

こんにちは! Hike×Hackのかけすけ( @kakesuke02 )です!

 

最近、一時的にですが、パソコンに向かっている時間が増えています。連続的に画面を見つめている時間が長いためか、目も以前より疲れています。

 

目薬や洗浄液などを使ってケアしていますが、それでも目がしょぼしょぼします。どうしたものか、と思っている時に、昔からよく見聞きしているワードが頭の中をよぎりました。

 

それは、「定期的に画面から離れる」ということです。

 

たとえばゲームであれば、「1時間に○○分は目を休めてね!」といった注意書きがあります。つまりは、私の目疲れの原因はそこにあるのです。

 

私は、PCの画面を連続的に見ている時間が長かったのです。これが唯一の原因というわけではないですが、原因の1つであることは間違いありません。

 

そのため、私は「PCを使用している際に、定期的に小休止をはさもう」と思い立ち、それを実行に移そうと決めたのです。

 

とはいえ、突然「15分の休憩」というタスクを入れるのは、やや荷が重いです。まずは小さいコトから。15分でなくとも、10分でなくとも。まずは「休憩をはさむ」という小さな目標を達成したい。

 

その一心で便利なツールを探しまわっていたら、あるサイトにたどり着きました。その名も「Do Nothing for 2 Minutes」

 

なんと単純明快な名前でしょうか。「2分間何もするな」と言うのです。

 

はてさて、一体どんなサイトなんでしょうか。私とあなたで、一緒に見に行ってみましょう。

  

≪1.サイトの紹介≫

 

早速、「2分間何もするな」というシンプルで挑戦的な言葉を投げかける「Do Nothing for 2 Minutes」のサイトに飛んでみましょう。

 

Do Nothing for 2 MinutesDo Nothing for 2 Minutes

 

サイトに立ち寄ると、次のような画面が現れます。

 

 

20140414211321

 

 

「do nothing for 2 minutes」という文字が現れ、環境音が流れます。そして画面中央部には、02:00からはじまるカウントダウン。

 

「さあ、ここまできてやったぞ! あとはどうすればいいんだ!?」

 

意気込んでいるあなたに悲報です。作業はこれだけです。あとはもう、文字通り何もしないでください。

 

マウスを動かしてもいいか? No!!

キーボードを叩いてもいいか? Nooo!!

 

このページを開いてしまった以上、パソコンに対するあらゆるアクションを中断して、2分間の休息をとりましょう。目を閉じても構いませんし、開いていても構いません。もしあなたが、マウスやキーボードを少しでも動かそうものなら……

 

 

20140414211322

 

 

FAIL!!

なんということでしょう。カウントが再び02:00に戻ってしまいました。ここまで1分間休憩していたとしても、あなたは再び2分間の休息をすることが必要になります。でも、ご安心ください。要は2分間アクションを起こさなければいいのです。

 

2分間、埋伏の虎のように、もしくは気の抜けた埴輪のように休んでください。それ以上は望みません。

 

そうすれば

 

 

20140414211323

 

 

Well done!!

 

ステーキがいい具合に焼けました。レアでもミディアムでもありません、ウェルダンです。よくぞ休んでくれました。あなたのその休息に皆が拍手すること間違いありません!

 

 

つまりは、こういうサイトなのです。

 

「目が疲れてきた」「ちょっと休憩したい」と思った時に、ぜひこのサイトを使って小休止してみてください。2分間という短い時間が、疲れ気味のあなたを癒してくれることを願いします。(※無事に2分間経っても、効果音が鳴ることもなく、環境音も流れたままです。目を閉じて利用する際にはご注意ください。)

  

≪2.「2分間休む」という意識が大切≫

 

このサイトを使えば「目の疲れが癒える!」といったような万能のものではありません。大切なのは、「2分間休む」という意志です。

 

多くの人が「動いていない時間=休んでいる時間」だと認識しています。ですが、その認識を「休んでいる時間は、”休む”という行動をしているんだ」と変えてみてください。

 

「なんとなくダラダラして、2分間が経つ」のと「”2分間休む”と決めて、2分間休憩する」のでは“無意識”と”意識”というハッキリとした違いがあります。少なくとも、「時間の経過」を意識することはできるはずです。

 

そうやって、意識を少し変えるだけでも。たとえ使う時間が同じだとしても、「休む」という行動の質は向上します。

 

そして、そのような意識を補助するためにも本日紹介した「Do Nothing for 2 Minutes」を使ってちょっと休んでみるのもいいなあ、と。

 

そう思う、今日この頃です。

 

――あなたの旅先案内人 かけすけ( @kakesuke02 )より 

 

≪まとめ≫

 

■ ずっとパソコンに向かって疲れたら、2分間でも小休止をはさもう。

■ そのために便利なサイト「Do Nothing for 2 Minutes」

■ 「2分間休む」という意志をもって、意識的に休憩しよう。

 

あとがき

結局大切なのは、「2分間休む」という気持ちだと思います。今日紹介したサイトも、2分間待たずとも「タブを閉じる」なりしてしまえば、そこで試合終了です。

 

だから、今日私があなたにお伝えしたのはあくまで「意志を前提としたもの」であり、サイトを使うだけで「2分間休めて疲れもとれる」という代物ではありません。

 

私の好きな言葉に、「自覚」があります。「休むべくして休んでいる」という自覚が、このサイトを使う上でのカギになるのだと、私はそう考えています。