Hike×Hack

ライフハックや日常に役立つガジェットなどを好物とするかけすけ(@kakesuke02)が書くライフハック系ブログ

自分の殻をやぶるために、「想像できない自分」に手を差し伸べる。

f:id:kakesuke:20140411192847j:plain

photo credit: Lif... via photopin cc 

 

 こんばんは! Hike×Hackのかけすけです!

 

早速ですが、あなたに白状することがあります。

 

実は私は……最近まで「ブログを書いている自分」を想像できないでいたのです。

 今でこそ「ブログ楽しい!」と庭を駆けずりまわっているような男ですが、つい最近まで……具体的には2週間前ほどでしょうか。

「自分がブログをやってる姿かあ。うーん、想像できないなあ」

と思っていたのです。

 

 

 

ブログに限った話ではなく、私はこれまでに

「○○してる自分? うーん、想像できないなあ」

という感覚に見舞われたことがたくさんあります。

 

そして大体、その「想像できない」という意識は、「やらない」ことにつながっていました。

たとえば、数ヶ月前の私は、「ブログ? うーん、ブログをやってる自分が想像できないなあ。右も左もわからないし、やめておくよ」といった具合に、ブログを書くことをあきらめていました。

 

 

この時、「○○している自分が想像できない」という意識は、「自分の可能性に対して、自分自身でかけてしまっているブレーキ」となっていたのです。

 

やってみて、失敗した経験があるわけでもありません。

ただ「想像できない」という、それだけのことで。

私はブログをはじめることを、ためらっていました。

つまり、「ブログをやらない自分」という殻に引きこもり、「ブログをやっている自分」という可能性を引っ込めていたのです。

 

では、私が「ブログをはじめる」にあたって、何をしたのか。

その「想像できない」というブレーキから、足をパッと離してみたのです。

 

 

おかげさまで、このHike×Hackを立ち上げることができ、1週間毎日更新を続けることができています。

この経験から私が言いたいのは

 

「○○している自分が想像できない」と思った時はチャンス

 

だということ。

自分が自分自身にかけているブレーキに、せっかく気付けたのだから、思い切ってブレーキを離して、前に進んでみちゃいましょう。

進んでみて、怖かったなら、またブレーキを踏んでもいいと思います。

 

ブレーキを踏みなおしたとしても、その時の自分は、以前の自分よりも前にいる。

そうやって、色んな一歩を、小さく積み重ねていきそれを実感することは、楽しい。

1週間前に、ブレーキを離してブログを立ち上げた私は、そう強く思いました。

 

 

それでは、本日もありがとうございました! また明日お会いしましょう!

 

 

:編集後記:

「現状維持バイアス」という言葉もあるように、自分のブレーキをはずすのが

こわい時もあります。

私もブログをはじめるときは「自分にできるのかな」など、不安な気持ちでいっぱいでした。

その時は、おそるおそるブレーキをはずした私。

それが今では、ギュンギュン、アクセル全開です。