Hike×Hack

ライフハックや日常に役立つガジェットなどを好物とするかけすけ(@kakesuke02)が書くライフハック系ブログ

「自分らしいブログ」を求めて、「プロフィール」の充実をはかる話。

f:id:kakesuke:20140414171429j:plain

※写真の人物は私ではありません。 

 

こんにちは! Hike×Hackのかけすけです!

 

これまでに私は、Hike×Hackにおける「自分らしさ」を見つけるべく、2つの記事を投稿してきました。

 

一言で「△△さんのブログだな」とわかる≪キメフレーズ≫を求めて。 - Hike×Hack

 

読者を意識しすぎて「らしさ」を見失ったブロガーが目指すもの。 - Hike×Hack

 

キメフレーズは、「自分らしさ」をプラス方面にアピールするものです。

また、「読者を考え過ぎない」というのは、「一般化しようとしすぎて、自分らしくなくなくなる」というのを回避するもの。

 

私が今実践できているのは、2つ目の「読者を意識しすぎない」というもの。

このおかげで、以前よりは「自分らしさ」を出すことが出来ているように思います。

もちろん、昨日の記事でメッセージを送ったように、読者たるあなたのことを考えなかった日はありません。

「意識はする」けど「しすぎない」という、そのライン。

私にとってどのラインが安寧の地であるのか、今もまだ探しているところです。

 

今日は再び、「自分らしさ」を高めるための術を追い求める旅に出ようかと思います。

もしあなたが、ブログで「自分らしさ」をはちきれんばかりに放出したいと、そう思っているのであれば。

これはおそらく、決定的な旅になるでしょう。

キメフレーズや読者への意識よりも、「自分らしさ」にとって大切かもしれません。

 

目指すところは、ズバリ「プロフィールを充実させる」ということです。

 

 

≪1.プロフィールを書く大切さ≫

 

プロフィール。そう、プロフィールです。

他でもない、あなたのプロフィールです。

 

ブログの形式や内容、また目標や目的などにも左右されるとは思いますが。

あなたがあふれんばかりの「自分らしさ」をブログに反映させたいのであれば、プロフィールによって「自分が誰か」を知ってもらうことはとても大切なことです

 

私は以前、文章を読むだけで「あ、○○さんのブログだな」と思ってもらえるようになりたいと言いました。

しかし、私はそれだけでなく、さらに知ってほしいことがあるのです。

それは、私が誰か。

つまり「○○さんがどんな人なのか」ということを、知ってもらいたいのです。

 

私のブログの文章そのものに個性が生まれ、そしていずれ「この文章はかけすけさんだな!」と思われるようになったとします。

しかし、プロフィールがなければそこで終点なのです

 

「……で、かけすけってどこのどいつ? どんな人なの?」となってしまうのです。

何も私は、「自分のことを知ってもらいたい」ということを目的にこう言っているのではありません。

 

人の歩んできた道や背景というのは、大きな力を持つのです。

たとえば、リンカーン大統領の逆転劇のようなサクセスストーリー。

彼は1人の大統領でありますが、彼がそこまで至った経緯……つまり「歴史」を知ることで、彼の言葉や信条の重みがより確かなものとして、伝わってくるのです

 

そのため、「自分らしさ」や「自分が言いたいこと」を120%伝えたいときに。

あなたの存在を裏付ける事情や背景がわかる「プロフィール」があると良いのです。

難しいように言っていますが、まずは「好きなもの」や「嫌いな人のタイプ」などを書くだけでも、あなたの人格を表現することはできます。

 

そして、あなたのプロフィールを読者に伝えた上で、あなたのブログを読んでもらう。

そうすると、あなたの「自分が言いたいこと」や「自分らしさ」は、プロフィールが皆無の場合よりもはるかに、伝わりやすくなるはずです。

 

 

≪2.できれば1つの記事にしよう≫

 

あなたのブログの体系にもよりますが、たとえば私が使っているはてなブログでは、はてなユーザーとしての「プロフィール」があります。

最初はそのような用意された場所にプロフィールを書いてみるといいでしょう。

 

ですが、いずれは「プロフィールを1つの記事として書く」ことをオススメします。

そうした方が、デザインや見出しなど、読者があなたのブログを読んでいるのと同じ体裁で、違和感なくプロフィール記事に目を通すことができるからです。

 

実際、私の敬愛するブロガーの方の多くは、記事の形式でプロフィールを深く書き記しています。

たとえば、次のお二方がそうです。

 

jMatsuzakiとは誰か? | jMatsuzaki

 

かん吉プロフィール

 

 

«3.最初から完璧なプロフィールを作らなくてもいい»

 

大切なのは、ただ「自分を知ってもらう」ということではなく「このブログを書いている人は、こういう人なんですよ」ということを伝えるということです。

そうなると、「ブログで伝えたいこと」に関する情報を書くのは必然になります。

 

ですが、プロフィールを書くということに、大きな抵抗を覚える必要はありません。

まずは簡単なところからはじめてみましょう。

それこそ最初は、記事でなく、ブログサービスの「プロフィール」欄を埋めてもいいでしょう。

1日ですべて書き上げる必要もありません。

「随時更新する」で良いのです。コツコツと積み上げていけばいいのです

 

また、「出したくない情報」は無理に出さなくても大丈夫です。

簡単な例でいえば「実名」です。

確かに実名はあなたをあなたたらしめる大きなものですが、「実名を出したくない」という人は多いはずです。現段階では、私もその1人です。

生まれた年や背景も、書きたくなければ、無理に書かなくてもよいのです。

 

プロフィールを「個人情報」ではなく、「自分を伝えるコンテンツ」だと考えましょう。

なぜ自分はブログを書くのか。どういう内容を書いていきたいのか。

なぜ自分はブログを書こうと思ったのか。などなど。

個人情報を出さなくとも、伝えられることはたくさんあります。

 

もしあなたが、自分のブログの自分らしさや説得力をさらに強めたいのであれば、少しずつでも、プロフィールを充実させていくのが、近道となるはずです。

 

正直に言いますと。私自身、まだプロフィールにはあまり手をつけていませんでした。

なぜかというと、ちょっとした完璧主義である私はどうしても、「最初から完璧なプロフィール」を書くつもりでいるからです。

今日の記事は、「最初から完璧でなくてもいいんだよ!」と、私の尻をひっぱたいて後押しする意味も込めてみました。

 

 

≪まとめ≫

 

・ブログの「自分らしさ」や「説得力」を強めるために、プロフィールは効果的。

・ブログの記事として書き上げた方が、デザインなどの統一感があって読みやすい。

・無理はせず、書けることから少しずつ書いて、コツコツ充実させていけば良い。

 

 

関連記事

一言で「△△さんのブログだな」とわかる≪キメフレーズ≫を求めて。 - Hike×Hack

読者を意識しすぎて「らしさ」を見失ったブロガーが目指すもの。 - Hike×Hack

 

参考記事

【講演動画あり】有効なプロフィールページについて90分語り尽くした「ブログ・カウボーイ」が大盛況のうちに終了! | jMatsuzaki

読む人を感動させる「プロフィール」の作り方

 

あとがき

プロフィールを書くべきか、書かないべきかと問われたら私は「書くべき」だと思います。

実名などの情報は炎上した際に怖かったりもするので、ブログに対する思いなどで構わないのです。

そして、この記事でなによりもツッコミを受けそうなのが、この記事を書いた私がまだプロフィールに手をつけていないということ。

 

今日の記事は、「プロフィールを書く以前の私」を記録する意味もかねているのです。

そしていずれ、プロフィールを充実させた後で、今日の記事を反省する記事を書いてみるのも面白いかな、と。