Hike×Hack

ライフハックや日常に役立つガジェットなどを好物とするかけすけ(@kakesuke02)が書くライフハック系ブログ

Hike×Hackでは文章の区切り目として「*」を使っているという話。

20140525113716

 

こんにちは! Hike×Hackのかけすけ( @kakesuke02 )です!

 

*

 

最近、Hike×Hackにおいて上のような「*」をよく使います。本来、「*」は脚注などの役割で用いられますが、Hike×Hackでは特にそのような意図で使っているわけではありません。

 

では、私は「*」をどのような意図で使っているのか。今日は、それについてお伝えしようと思います。

 

まず先に、結論から述べさせていただきますと……。Hike×Hackにおいて、文中によく見られる「*」は

 

文章の区切り目

 

として使っているのです。

 

 

≪1.「ところで」「そういえば」のように使う≫

 

「文章の区切り目」として使う、と言いました。

 

ただ、区切り目の役割には、他にも「新たな見出し」や「1行分の空白」といったものもあります。しかし、「新たな見出し」と「1行分の空白」に違いがあるように、「*」の使い方も、それらとは一線を隠しているのです。

 

*

 

では、どのような意識で「*」を使うのか。簡単な例を1つ挙げると、「そういえば」という言葉と同じように使っています。

 

たとえば、次のようにです。

 

【見出し:私は水が好き】

私は水が好きです。

特に「南アルプスの天然水」を好んでよく飲んでいます。

 

*

 

そういえば、水には「軟水」と「硬水」という種類分けがあります。

……

 

結果的に「そういえば」という言葉も入れていますが、「*」を入れる状況は上のような時です。つまり、「ところで」「そういえば」のように、「1つの見出しの中で少し話題が転換する」ときに、補助として「*」を使うのです。

 

もちろん、「*」自体に「ところで」などの意味を含めてしまい、「ところで」などの言葉を使わない場合もあります。その辺りの塩梅は、文章のリズムなどに合わせてフィーリングで使い分けています。

 

*

 

そう、フィーリング。私が「*」を使うのは、わりとフィーリングに頼るときがあります。話題転換の意味だけでなく、「ちょっとネタを入れたいけど、文章が太る……」という時などに「この話はここで区切り!」というケジメをつけるために「*」を使う時もあります。

 

ちょっと話が煩雑になってきたので、私の「*」の使い方について以下の3行に、簡単にまとめてみました。

 

1.「ところで」「そういえば」のような時に、補助として使う。

2.1つの見出しの中でも「ケジメをつけたい」時につかう。

3.そのほか、自分のフィーリングに頼ってつかう。

 

なんだかんだで、「3」の用途で使うことも多いです。

 

「このときは*を使う!」「しまった、ここは*を使うべき/使わないべきだった!」という迷いや後悔が生じないように、あまり難しく考えず、気楽に使っています。

 

*

 

さて、どの使い方であれ、「区切り目」として機能させているのは確かです。では、なぜ、あえて「*」という「記号」を使っているのか。

 

次の章では、それについてお伝えしようと思います。

 

 

≪2.記号≫

 

正直に言うと、「*」であることに意味やこだわりはありません。見た目の問題で「*」を採用してはいますが、「#」でも構いませんし、「=」でも構わないと考えています。

 

ただ、「ぽ」や「u」のような文字は使いません。なぜなら、区切り目として使うのに、私は「記号」が良いと考えているからです。

 

*

 

たとえば、次のような2つの例文を比較してみましょう。

 

僕は山田です。

 

*

 

そういえば、君は加藤なんだってね。

 

 

僕は山田です。

 

 

そういえば、君は加藤なんだってね。

 

……

 

「ぽ」ってなんやねん!!

 

となるわけです。そしてあなたは、この「ぽ」の意味を解明するために、目深に帽子をかぶり、キセルをふかしてロンドン行きの列車に乗ることでしょう。

 

ですが、そもそもこの「ぽ」に深い意味はありません。暖炉をくまなく探しても、ホテルの台帳を探しても答えは見つからないのです。

 

そして事件は迷宮入り。あなたはシャーロック・ぽームズと呼ばれてしまうことになるでしょう。

 

そのような不名誉をあなたに浴びせるわけにはいきません。だから私は、「ぽ」のような言葉ではなく、「*」という記号を使うことにしたのです。

 

*

 

なにより、「*」のような記号は「読む文字」として認識されません。

 

*が出た時に毎回「アスタリスク! うーん、かけすけはこの言葉で何を伝えようとしているんだ!」と読んで頭を悩ませる人はごくわずかでしょう。

 

つまり、「区切り目が視覚的に、直感的にわかる」のです。そのため、特に頭を使うことなく、スッと区切り目を認識することができる。「*」を含めて3行の空白が生まれるため、ザッと流し読みしても目につきやすい。

 

これは、「2行の空行」や「改行+”ところで”」よりも良い効果を望めるのではないでしょうか。実際、私は自分で「*」を使ってみて、そして読み返してみて、そう考えています。

 

どうでしょうか。

 

もしあなたが「文章の区切り目」のつけ方に困っているのであれば、「*」などの記号を使ってみると、いいかもしれません。

 

 

――あなたの旅先案内人 かけすけ( @kakesuke02 )より

 

 

≪まとめ≫

 

■ 私がブログの文中で多用する「*」について。

■ 文章のちょっとした区切りで使っている。(「ところで」のような感覚)

■ 記号で改行もあるため、区切りが目につきやすい。